最後に

1.皆さんの活躍する時期
いろいろとお話させていただきましたが、三洋堂がこれから店数を増やして行きますと、今まで書店ごときでは夢物語だったことが、やろうと思えばやれる状況になってきます。10年、20年という長い時間がかかるでしょうが。そのとき、あなたがたはちょうど脂の乗切った30代もしくは40代です。
商品部でお客様の為に商品を開発するのもよし、何十人・何百人もの部下を指揮して多くの店の運営にあたるのもよし、店鋪開発で年間何十店もの出店に腕をふるうのもよし、財務部で資金調達に活躍して頂くもよし、あらゆる分野で、最高水準の技術と経験が発揮できる場を三洋堂は用意できるとお約束します。

2.スペシャリスト候補として
業界としても書店は遅ればせながら成長期に入りつつあります。今から10年~20年で150坪以上のまともな書店が全国で2000~3000店出来ます。その時までには、当然何社かの書店は上場を果たすでしょう。その中の一社に三洋堂は入りたいと思い、努力しています。その努力の一環が、将来社会に貢献するだけの実力を持つスペシャリストに育てるための人材の確保です。
全国津々浦々に良質の書店を創って、より良い社会づくりに貢献したい、という三洋堂の理念を共有して頂ける方に、ぜひ同志として加わっていただきたいと思います。
以上で私の話を終わります。ご静聴有り難うございました。

加藤 宏
1957年  9月 28日  生まれ
1982年  7月  ハットフィールドポリテクニック大(英)卒
1978年 12月  取締役
1988年  3月  代表取締役副社長
1996年 10月  代表取締役社長
2000年  7月  1日 心筋梗塞により急逝。享年42歳

○本講演は、副社長時代(33歳)のもので、1991年11月決算時、三洋堂書店は
 年商68億円、店舗数24店、正社員数98人だった