CSR

三洋堂書店の3つの取組み

「エネルギーの使用の合理化の関する法律(省エネ法)」において年平均1%以上の省エネが努力目標として求められています。

三洋堂グループでは「エネルギー管理規程」を制定し設備の管理・運用基準を明確に規定しております。

2012年度から2016年度の過去5年間において、前年度対比平均5.8%の削減を行っており、今後もエネルギー管理を徹底し、グループをあげて省エネルギー活動に取り組んでいきたいと考えております。

三洋堂グループでは容器包装の簡素化・減量化に取り組んでおり、袋やブックカバーなどの紙の使用量を2009年度の93tから2015年度には45tまで減少させております。

また、廃棄物減少への取り組みとして、ダンボールや紙ゴミなどの再生可能品を一般廃棄物から分別しリサイクル資源にまわす活動にも取り組んでおります。

今後も、こうした活動を継続的に推進し、地球環境の維持と資源の有効活用に取り組んでまいります。

三洋堂グループでは「本とのであいのおてつだい」をモットーに、本好きな子供たちを育てるために、「読み聞かせ会」を全店舗で実施しています。

2016年度は52店舗で延べ502回開催し、4,500人以上の親子が参加しました。5,000人の参加を目標に今後も積極的に取り組んでまいります。

また中学生の職場体験学習の積極的な受け入れ、ヨーヨー釣り、輪投げ大会など地域交流の促進、一部店舗での再生可能品の回収や中学校への寄付など、地域社会との交流も積極的に進めてまいります。